教育訓練給付制度

専門実践教育訓練「教育訓練給付」制度とは

働く人の主体的で中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。


支給対象者

次の(1)または(2)のいずれかに該当する方が対象となります。

  1. (1)初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  2. (2)以前に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方。

  3. 支給額

    1. (1)受講者が教育訓練を受講するために要した費用の40%相当額(上限年間32万円)を受講状況が適切であると確認した上で6カ月
    2. (2)教育訓練修了後、1年以内に資格等を取得し、雇用保険の被保険者として雇用された方または雇用されている方は、さらに20%相当額(上限年間16万円)を追加支給。(合計60%、年間上限48万円)
    3. (3)給付期間は原則2年。

    対象学科

    本校における専門実践教育訓練対象学科は次のとおりです。

    昼夜 学科名 修業年限
    昼間 建築設備設計科 2年
    昼間 測量科 1年
    夜間 建築科 2年

    申請・受講までの流れ

    1. (1)ハローワークにて受給資格の確認。
    2. (2)訓練前キャリアコンサルティングを受け、ジョブカードの交付を受けてください。
    3. (3)本校の入学試験を受けてください。
    4. (4)合格後、ハローワークに専門実践教育訓練給付金の申請手続き書類を提出。※この手続きは、受講開始日の1カ月前までに行う必要があります。
    5. (5)本校へ入学。受講開始。
    6. (6)6カ月ごとの支給申請期間に支給申請を行い給付を受ける。

    ※詳しくは以下のページをご覧いただくか、お近くのハローワークへお問い合わせください。
    ハローワークインターネットサービス – 教育訓練給付


    専門実践教育訓練「教育訓練支援給付」制度とは

    専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給される方のうち、昼間通学制の専門実践教育訓練を受講しているなど、一定の要件を満たした方が失業状態にある場合に、訓練受講をさらに支援するため、雇用保険の基本手当の半額に相当する額をハローワークから支給する制度です。


    支給対象者

    初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に支給されます。


    支給額

    基本手当の日額と同様に計算して得た額の50%相当額を2か月ごとに失業の認定を受けた日数を乗じて得た額を支給します。

    ※詳しくは以下のページをご覧いただくか、お近くのハローワークへお問い合わせください。
    ハローワークインターネットサービス – 教育訓練給付