卒業制作プレゼンテーション[インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻3B]

2018.02.03 [デザイン系学科の最新情報]

デザイン系卒業制作プレゼン週間。


3番手「インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻3B」です。


学生がデザインした椅子を自分の手で作り上げる卒業制作。


椅子・テーブル・照明の3点セット。。。


椅子だけの写真をご覧になりたい方は、こちらの記事を。。。




プレゼンテーションは、中央工学校STEPホールにて、現物とプレゼンテーションボードで。


「現物」の力強さ。





ステージに鎮座する椅子のプレゼンテーション。


「みてください」「座ってみてください」「触ってみてください」で一番わかりやすいのですが、


CGパースや手描きパース、図面などで、寸法や使用している雰囲気などプレゼンしていきます。



それでもやはり、「座る」のが一番早い。


座り心地・座ったときの佇まいなど、、、現物座面のイエローとじつにマッチしています。



インテリアデザイン科ファニチュアデザイン選択と、インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻の、


後輩達のアツいまなざしをかんじながら、、、、



プレゼンテーションは進んでいきます。


普段は、作業着かスウェット姿しか見たことないプレゼンしているスーツの彼。


彼は現在14号館で1番の力持ちと言っていい程のボディーの持ち主である。


そんな彼も繊細かつ丁寧な作業の末に完成させた寄木風な椅子とテーブル。



プレゼン中には、いろんな人に座ってもらい、体感した感想をのべてもらいます。


また、照明の作品の中には、男子4名の「男」の環境下でなかなか可愛らしい照明をデザインした学生がおりました。



木製の器の下に照明が仕込まれていて、花びらが浮いています。


電球色の空間に合いそう。。。



インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻3Bのプレゼンテーションも無事終了しました。


4名の学生の今後に期待です!!