詳細図に困る[インテリアデザイン専攻2A・インテリア科2A]

2017.12.14 [デザイン系学科の最新情報]

【インテリア施工・積算】という授業。


内装にまつわる施工と積算をつかさどる、学生にとってはなかなかハードな座学授業。。


しかし、ただ座学を座学として行わず、少し動きのある授業展開中。。。


担当していただいているのは、講師である鯨井先生。


インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻2年生とインテリア科2年生の合同授業です。



さて、今日はどんな授業かというと、、、、


学生が他授業でインテリアデザインを施した店舗の部分詳細を図面で描きつつ、、


細かなディティールを詰めていきながら施工を学ぼうという授業スタイル。。。




手描きで描いた図面の部分詳細図が必要な箇所をそれぞれ手描きで描きます。



天井仕上げ材を貼るためのボードを止めるためのスタッドの位置まで細やかに。。。


それぞれの部材の厚みや断面を絵が描かなくてはなりません。。。



全体の説明を受けつつ、それでもわからないところを製図版ごと持参し質問に行くスタイル。


図面をかきながら、自分がデザインした店舗空間の詳細部を学ぶ。


店舗や住宅に関わらず、部分詳細図は仕事では欠かせないため、


学生達も学ぼうと必死に食らいつきます、、、


インテリア科2年課程の学生は、就職内定者も多くいるため、


来年の4月以降、嫌というほどこのような図面を描くことでしょう。。。


彼らの頑張りに期待です!