建築積算士補試験にチャレンジ[ 資格試験 ]

2017.09.07 [建築系学科の最新情報]

夏休み明けの週末、日本建築積算協会が主催する『建築積算士補』試験が実施され、多くの学生が受験しました。建築積算は、建築物を建てる際に必要な様々なコストについて、建築数量積算基準を基に数量調書の作成や工事費用の算定等を行う大切な業務です。

建築技術者には欠かせない知識の一つとも言える建築積算ですが、士補取得後、建築積算士を受験する際には一次試験が免除されるという制度もあるので、更にスキルアップを望むことができます。学生達にとっては、9月中旬から始まる定期試験の前哨戦(ぜんしょうせん)にもなったようです。お疲れ様でした!

[ 資格試験]


< 前の記事 | ニュース一覧 | 次の記事 >