学校見学
  • タブ1ボタン
  • タブ2ボタン
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
進学相談会

代々木体育館と東京カテドラルを見学 [ 構造デザイン ]

2017.07.14 [建築系学科の最新情報]

第一体育館の吊り構造を外から見学


故丹下健三氏は、日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、認知された一人です。第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がけています。

構造デザインの授業では、その代表作である代々木体育館と東京カテドラルを見学しました。代々木第一体育館と第二体育館とも、吊り橋と同様の吊り構造の技術を用いており、第一体育館は2本、第二体育館は1本の主柱から、屋根全体が吊り下げられています。今回は、第二体育館に入り見学することができました。東京カテドラルでは、HPシェルが織りなす曲線美に感動させられました。また、ミサのリハーサルを行っていて、素晴らしい音響効果も体感することができました。今回の見学で、丹下健三氏の設計に触れることで多くのことを学べました。今後の卒業設計等で大いに活かしてくれることを期待しています。

第二体育館の螺旋状の美しい屋根

東京カテドラルの前での記念写真

荘厳な内部空間と音響効果を体感

【共通選択科目】