専門学校 中央工学校 建築系学科の取組み

Top Page

作品集

体験型実習

地域密着実践教育
チャレンジプロジェクト
建築研修旅行
講師作品紹介
社会人の方への情報

留学生の方への情報


建築系学科の最新情報

専門学校 中央工学校 建築懇談会

高校生対象コンペ・コンテスト

LINK
建築系関連学科
昼間
 建築学科
 建築工学科
 建築設計科
 木造建築科
 建築設備設計科
 建築室内設計科
夜間 
 建築科

専門学校 中央工学校 HP

〒114-8543
 東京都北区王子本町
    一丁目26番17号

  専門学校 中央工学校 
   建築系学科教員室

TEL:03−3906−1211
FAX:03−3906−1250
専門学校 中央工学校 資料請求
体 験 型 実 習

 建築施工管理の屋外体験型実習
 

毎年約300名の学生が「職業訓練法人 全国建設産業教育訓練協会 富士教育訓練センター」において屋外型の建設実習を行っています。実習カリキュラムは「総合建設実習」・「施工管理実習」と大きく2つに分けられ、@「総合建設実習」:仮設・測量・構造の基礎的な実習とA「施工管理実習」:卒業学年の学生が各専攻コースに応じた、より実践的な実習を行っています。

 総合建設実習
 
 教室において学習の出来ない「施工・測量」を中心にした「屋外実習」を行うことで、基礎技術の習得だけでなく、建築の職業観育成の一助となることを目的としています。
 
仮設工事実習
建築測量実習
鉄筋・型枠工事実習
 
足場組立て
測量
梁部分鉄筋組立て
 総合建設実習(木造)
 木造建築の基礎工事に必要な水盛、やり方の手順を理解し、その重要性と工事の流れを習得することを目的としています。  
建築測量実習
総合仮設実習
水盛、やり方実習
測量
水盛・やり方@
水盛・やり方A
 総合建設実習(設備)
 建築や設備に関する知識を基盤に、設備技術者として必要な「給排水設備」に関する実践的な技術を習得することを目的としています。  
測量実習
屋外配管施工実習
屋内配管施工実習
スパイラルダクト配管加工
スパイラルダクト施工
屋外配管施工
 施工管理実習(基礎躯体)
 RC造における基礎躯体工事の一連の作業(鉄筋組立て・型枠建込み)を体験し、施工管理者として必要な「鉄筋、型枠の組立て方法」・「工事写真の撮影方法」・「躯体数量積算」などを習得し、将来、建築の施工管理を仕事とする学生が、即戦力となる技術を身に付けることを目的としています。
  鉄筋組立て実習
型枠建込み実習
躯体数量積算演習
 
仮設組立て
鉄筋組立て
型枠組立て
 施工管理実習(内装)
 
 内装工事における壁・天井下地の納まりやクロス張り、タイル張り等の施工方法、また、敷地の測量として平板測量の実習を行い習得することで、設計者として基礎的な設計計画の一助になることを目的としています。   内装実習
平板測量
 
   
壁軽量鉄骨組立て
壁ボード張り
タイル張り
 施工管理実習(設備)
 集合住宅を想定した給排水管や換気設備の施工及び、衛生陶器の据付け・手すりなどの補助器具を取り付ける実習を行うことで、建築設備技術を身に付けることを目的としています。
  屋内配管施工実習
衛生陶器据付け実習
ダクト施工実習
給水管施工
衛生器具廻り
排水管施工
 木造技能実習
 
 木造建築科では、1週間に1日、木造技能の習得を目的として、道具の研ぎ方、砥石の台の据付、基本的な継手、仕口の墨付けと加工の方法などを学びます。その他に規矩術と連携して、棒隅の墨付け、2・3級建築大工技能士の練習を通して木造の仕組みと技能を学習します。
   
道具の研ぎ
道具は、買ってきた状態ではすぐに使うことができません。各部の調整や、研ぎ方を覚えます。ここでは、道具を大切にすることを学びます。

継手加工
木材を繋ぎ留めるための継手という組み方を学び、実際に加工から組立てまで行います。

道具箱製作
各自の道具を入れるため道具箱をつくります。 
道具作り
鉋仕込み
道具箱製作
 建築大工技能士に挑戦
 
 1年次に3級建築大工技能士、2年次では2級建築大工技能士に挑戦します。図面を見ながら墨付、加工、組立を制限時間内で正確につくることが出来るように繰返し訓練します。
墨付け
刻み加工
組立て
 木造建方実習
 木造建築科では、1年生の後期10月に、4泊5日で軽井沢研修所(南ヶ丘倶楽部)にて木造建方実習を実施します。木造建方実習では、これまでの実習や授業の成果をふまえ、より木造の基本的な構造及び建方手順を理解することを目的とします。
 土台敷き
 
 土台を基礎の上に正確に敷くために、基礎の上に墨を出して、アンカーボルトの位置を決め、穴をあけます。
オートレベルによる墨出し
土台敷き
アンカーボルトの穴あけ
 建方(たてかた)
 
 柱を建て、そこに桁や小屋梁を架けて壁の骨組を作っていきます。
柱を建てる
梁を架ける
建て入れ直しと仮筋違い
 小屋組
 
 桁、小屋梁が架かると屋根の骨組をつくります。
母屋を架ける
隅木の納まり
垂木を架ける
 壁の骨組
 
 壁の骨組をつくります。筋違い、間柱、窓まぐさ、窓台などを手順良く取付けます。
本筋違い取付け
間柱加工
アルミサッシ取付け枠加工
 床組
 
 1階の床の骨組をつくります。
大引の取付け
床束取付け
根太取付け
 建方完成
 
 木造建方実習を体験したことで、軸組工法の手順や骨組が理解できます。
隅木と配付垂木の納まり
鼻隠し取付け
屋根作業
 伝統建築調査
 木造建築科では、1年生の後期10月に、軽井沢研修所(南ヶ丘倶楽部)にて伝統建築調査を実施します。軽井沢研修所(南ヶ丘倶楽部)にある、古民家の三五荘(国登録有形文化財)や茶室を有効活用して、建物を実測して、図面を書き、起こし絵を作製することで、それらの建物についてより理解を深めることを目的として実施します。
 実測  
 三五荘及び茶室を班毎に担当の部屋を決め実測します。
三五荘の軸組調査
広間席の建具実測
広間席の畳の実測
 作図及び起こし絵作製、発表
 
 実測したデーターを基に平面図、展開図、天井伏図を作図します。作図した図面を基に起こし絵を作ります。
 班の代表者が伝統建築調査の成果を発表します。
 CADによる作図
広間席の起こし絵
発表の様子
 施工専攻 実践教育 
 
 施工専攻では、教室内で実践的な内容を視野に入れた建設実習を行っています。卒業後、即戦力として活躍できるように「建築測量・鉄筋組立・仕上げ」を中心にした、座学だけでは学習のできない施工管理の基礎知識を実習で学びます。建築測量実習、基礎構造実習、仕上げ工事実習の三本を軸に施工管理技術者として必要な基礎知識と技術の習得を目指しています。
 建築測量
 
 施工管理・測量では、建築測量としての基礎を学び、実際の現場での応用力を習得するために現場を想定した環境の中、実習を行います。
陸墨出し
機器据付け
平板測量
 建築測量・やり方・墨出し
 
 基準墨を測量機器の応用操作で求め、基礎、基礎柱、基礎梁のコンクリートの姿を、捨てコンクリートにみたてた合板に墨出しをする実習です。
基準線墨出し
躯体墨出し
躯体墨出し
 基礎鉄筋組立て
 
 測量から始まり、墨出し、基礎・基礎柱・基礎梁の鉄筋組立てまで、限られた時間内に、一連の流れを理解した上で行う実習です。作業しながら現場管理を体得します。
基礎・柱鉄筋組立て
柱鉄筋組立て
基礎梁鉄筋組立て
 木工事 瓦葺き屋根の小屋組み立て
 
 瓦葺き屋根の下地材の加工及び組立てを行い、屋根の小屋部材の構造と組立て手順を理解します。
屋根小屋部分組立て
垂木取付け
屋根下地取付け
 木造の屋根瓦葺き
 
 アスファルトルーフィング(防水シート)を張り、瓦桟を取付けて瓦を軒先から葺き始め、最新の工法で棟瓦まで葺く実習を行っています。屋根材として瓦の優れている点や工法を、体験を通して理解します。
瓦桟取付け
和瓦葺き
棟瓦葺き
 フローリング張り
 
 木造住宅の床仕上げで最も使われているフローリング材を使い、体験を通して、作業手順や施工上の問題点などを学習します。
床下地組立て
フローリング張り
フローリング張り完成

専門学校 中央工学校 建築系学科