学校見学
  • タブ1ボタン
  • タブ2ボタン
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
進学相談会
最新情報

ご挨拶

理事長

堀口 一秀

実践的な技術力 豊かな人間性


中央工学校は、明治42年(1909年)実務的な技術者の養成を目的に設立され、創立108 年を迎えます。校是を「堅実」とし、一貫して「誠実で豊かな社会性を有する技術者の育成」のため、教育方針を「厳しい実務教育」と「人間涵養教育」としています。この間の卒業生総数は11万人を超え、それぞれの分野で活躍している実績が、本校の評価となって表れております。

人間涵養教育の実践の場としての軽井沢研修所は、日本文化、特に木造伝統建築の継承に重点を置く中央工学校の教育姿勢を示しております。能舞台を持つ研修棟「千ヶ滝」や数寄屋建築・茶苑「南暁」をはじめ、国の登録有形文化財に指定された江戸後期の移築古民家「三五荘」を保存、活用していることにしっかりと実を結んでおります。

「自分の将来について、どんな分野に興味があるのか、どんな仕事に就きたいのか」をよく考えて、その目標を達成するためには、どの学校で学ぶのが最善なのかという視点を持ってほしいと思います。

中央工学校は、今後の学校永続と環境の整備に重点を置き「王子キャンパス整備計画」を策定しました。傾斜した敷地条件を活かし、既存緑地と周辺環境に調和した校舎建て替えを中心とした設計内容です。想像力を育む学習空間の創出により、キャンパス全体が一体化した活動拠点となることに、今から期待が膨らみます。

【主な関係団体役員】

一般財団法人中央工学校生涯学習センター 理事長

公益財団法人東京都専修学校各種学校協会 運営委員

全国工業専門学校協会 会長

一般財団法人測量専門教育センター 副会長

一般財団法人社会通信教育協会 理事

専門学校コンソーシアムTokyo 副会長 等

校長

松田 正之

建築設計科(1978年卒業)

一級建築士

1級建築施工管理技士

自らの知恵と力で歩む


急速に加速する少子高齢化や人口減少社会の到来によって、先行きの予測が困難な時代が続きます。

平成26年からスタートした職業実践専門課程は、企業と連携して最新の知識・技術を身につける学科であることを、文部科学省が認定したものです。中央工学校では17学科が認定を受けており、学生は多くのことを修得して卒業していきます。これからもその教育内容を高め、より実践的なものとなるように、改善していく所存です。

中央工学校が大切にしている、「厳しい実務教育」と「人間涵養教育」は、「ものを作る技術」と「ものをつくる心」の教育に他なりません。それを車の両輪にたとえ、どちらも等しく育てていくことで、その技術者は確実に前に進むことができるのです。それが100年を超える中央工学校の教育の柱であり、我々の使命です。

IT技術がどんなに進歩しても、人と人のかかわりを大切にし、自らの知恵と力で歩んでいける、そんな若者を中央工学校は応援します。

中央工学校の概要

創立

1909(明治42)年 10月21日


所在地(本部)

〒114-8543 東京都北区王子本町一丁目26番17号


校舎

1号館・5号館・6号館・8号館・14号館・16号館・17号館・18号館(中央工学校歴史館)・20号館・21号館(STEP)・23号館(RISE)


教職員数(2016年度)

301名(教員:専任91名/兼任177名・職員:33名)


学生数(2016年度)

1,906名(昼間1,755名/夜間151名)


卒業生総数

(2017年3月卒業生を含む)

106,801名


施設


構造地質実験室

CAD/CAM実習室

土および舗装材料実験室

機械加工実習室

GIS実習室

地図編集実習室

造園実習場

建設材料実験室

建築設備実験室

デザイン総合実習室

木工実習室

木造実習室

コンピュータ実習室

トレーニングジム

トレーナー実習室


STEP

コレクションルーム・多目的ホール・研修室・会議室・ギャラリー・STEP広場


RISE

インターネットコーナー・図書室・ギャラリー・学生ラウンジ


就職相談室

80周年史料展示室・資料室

保健室

ミニコンビニ 他


学生寮


■王子寮(男子寮)

150名収容

〒114-0002

東京都北区王子四丁目25番18号


■クワドラングル志茂(女子寮)

150名収容

〒115-0042

東京都北区志茂三丁目3番3号


研修施設


■軽井沢研修所(南ヶ丘倶楽部)

〒389-0102

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1052-73

研修所/研修棟(千ヶ滝)/三五荘/

南ヶ丘美術館/茶苑(南暁)