編入学

学内進学制度

在学中に二級建築士に合格したい! 測量士として卒業したい! そんな学生たちには中央工学校を卒業してからすぐに、
また社会に出てからでも、中央工学校に編入学や再入学できる制度があります。

編入学

  • 建築設計科(2年制)

    建築学科(4年制)
    3年次編入

  • 建築設計科(2年制)・木造建築科(2年制)・建築設備設計科(2年制)・建築室内設計科(2年制)・夜間 建築科(2年制)

    建築工学科(3年制)
    3年次編入

  • 機械設計科(2年制)

    機械学科(4年制)
    3年次編入

再入学

  • 土木建設科(2年制)・測量科(1年制)・夜間 土木測量科(2年制)

    再入学
    地理空間情報科(1年制)

※上記以外にもさまざまな方法がありますので、詳しくはお問い合わせください。


大学編入学・大学院入学

もっと学問や教養を深めたい学生は、中央工学校を卒業後、すぐに大学や大学院へ。
もしくは、働きながら、やっぱり大学や大学院へ通いたいと思ったときに、大学編入学や大学院入学のチャンスがあります。

大学への編入学

「専門士」の称号を受けるために必要な要件を満たしている課程を修了した専門学校卒業生を対象に、
4 年制の大学への編入学が認められるようになりました。毎年数名ですが、大学に編入学をする学生がいます。

近年の大学院入学
国士舘大学 大学院 千葉工業大学 大学院 首都大学東京 大学院
近年の大学編入学
千葉大学 東京理科大学 日本工業大学
武蔵野美術大学 神奈川大学 宇都宮大学
昭和女子大学 日本大学 など

「専門士」の称号とは

1995年度より修業年限2 年以上、授業時間1,700時間以上の課程を経て、原則として試験での成績評価で卒業が認められた学生に「専門士」の称号が与えられます。専門士の制定は、高等教育機関における専門学校の位置づけを明確にし、多種多様な専門学校の評価基準となっています。

「高度専門士」の称号とは

いま職業現場は、知識・技能・資格などをハイレベルに習得した即戦力の人材を強く熱望しています。そのため専門学校の長期化が進み、4年制の学科も誕生しています。こうした高度な専門学校の修了者を適切に評価できるように、2005 年に創設されたのが「高度専門士」の称号です。高度専門士は、大学院の入学資格が与えられるなど、大学卒業者の「学士」と同格となります。