キャンパスニュース

2018.10.13 建築

子供室リフォーム審査会・プレゼンテーション[建築室内設計科1年]

建築室内設計科の1年生は、先日「子供室リフォーム」課題のクラス内審査会及び、プレゼンテーションを行いました。
木造住宅の一室を子供室にリフォームするという内容で、平面図・内観パースを作成しA2サイズのボードにまとめ、インテリア模型を作成しました。
写真は審査会の様子です。全作品を一斉に並べ、いいと思った作品を3点選び、投票します。

自分の作品をたくさんの人に見てもらうこと、また、クラスメイト達がどんな作品を作ったのかを確認し比較をすることで、たくさんの「気づき」と「刺激」を受けることが、審査会の目的です。

 

審査会のあとは、審査上位者による代表プレゼンテーションです。

実社会では、自身の考えを相手に的確にわかりやすく伝えるスキルが必要とされます。どんなに素敵な設計をしても、その良さが相手に伝わらなければ、実際に形になることはありません。

 

初めてのプレゼンテーションは、とても緊張した様子でしたが、一生懸命に伝えようという気持ちが伝わる良いプレゼンテーションでした。

建築室内設計科の授業では、2年間でたくさんの発表の場を設けています。
プレゼンテーションが上手くなる秘訣は、とにかく「場数を踏むこと」です。人前で話すことが苦手な学生も多くいますが、少しずつ慣れていきましょう。