キャンパスニュース

2018.09.21 建築

雨降る日の敷地見学[ 建築工学科 2年]

雨が降り出し足元が悪い中でしたが、建築工学科2年生は進級課題のための敷地見学に出かけました.

王子からJR線で約20分のところにある浮間公園の中にある池のほとりが、次の課題の敷地です。

 

この浮間ヶ池は、江戸時代には大きく蛇行する荒川の一部だったそうです。                                                                           現在は、近隣住民が魚釣りをしたりスポーツを楽しむための憩いの場所になっています。

 

公園の裏手にある土手を上ると、荒川の河川敷が目の前に広がる自然あふれる敷地です。                                                課題では、ここに美術館や博物館などの展示施設を計画します。                                                                        これまで身に付けてきた知識や技術を総動員して、10月からいよいよ作品制作です。