キャンパスニュース

2018.08.29 土木測量

様々な「もの」をつくる大会

中央工学校が夏休みに突入した頃、石川県金沢市で「若年者ものづくり競技大会」が開催され、
土木測量系からは、造園部門に挑戦しました!
挑戦したのは、造園デザイン科2年生 安藤 風花さん(都立農産高等学校出身)です


1.5m×2mの敷地に垣根や石張りの施工と植栽を行います。
これまで経験してきた、「造園技能検定」と異なるポイントは、自分で土の分量を考えて作品を仕上げるところ。


四ッ目垣、敷石、縁石などを施工し、整地作業へ。
作品の見栄えは、この整地作業に掛かっています!


そして、無事に完成しました!
全てを出し切った感漂う表情ですね。


様々な植栽と中央には自然石の乱張りも造られ、綺麗に仕上がってます!
満足のいく作品に仕上がったでしょうか??

良くできた所、納得のいかなかった所、色々あると思います。
でも、この経験は自分の糧になったはずです。
今後も頑張ってください^^/