キャンパスニュース

2018.05.22 クラブ

「くまのもの - 隈研吾とささやく物質、かたる物質」の模型制作!  建築倶楽部

 建築倶楽部は隈研吾建築都市設計事務所の依頼により、ふたつの大きな模型を制作しました。足掛け約4か月の作業でしたが、ついに完成しました。東京ステーションギャラリーで設置作業が完了し、内覧会で隈研吾先生に見ていただきました。模型「Forest for living」(木のパビリオン)は、中国上海にあり、幾何学的なパネルの構成です。「Xinpu TAO」(霊廟)は、台湾台北郊外にあり、有機的な木質シェル構造が特徴的です。図面と格闘しながら部材を切り出し、失敗を繰り返しましたが搬入日までに完成させることができました。達成感と安堵感を同時に体感できました。
 建築倶楽部の活動成果を、在校生をはじめ多くの方々に見て感動していただきたいと思っています。展示場所は東京ステーションギャラリー3階の「木」のコーナーにあります。是非、足を運んでください!5月6日(日)まで開催されています。

加工した板を組立てます

躯体が完成し階段を取り付けます

この網目状の部材を接合します

組み立てると大きくてビックリ

模型との記念写真(搬入直前)