ブログ

2018.02.28 職業実践専門課程

デザイン系学科における企業との連携授業(2)『業界人による講演会』

 職業実践専門課程における企業との連携授業として、株式会社アートスタッフの吉崎英二郎先生(講師・美術家)とアトリエRの畑耕先生、畑写真店の畑拓先生の3名の先生方にご協力頂き、本校STEPホールにて講演会を実施いたしました。

 吉崎先生には美術大学ご卒業後から現在までに至る造形作品やTVセット等を中心に、ご自身が制作された大道具美術がどの様なセットに納まるかをスライドを用いて分かり易く解説していただきました。学生が卒業後に仕事をイメージし易い内容となりました。

講演会風景

吉崎先生による講演

 建築写真家である畑ご兄弟の講演は、拓(弟)先生と耕(兄)先生による2部構成で、拓先生は建築雑誌社に勤められたご経験から、同じ建築物でもカメラのアングルや紙面の割り付けによって生じる違いを数社の雑誌を比較しながら解説していただきました。普段、何気なく読んでいる各雑誌の編集意図が伺い知れました。

 耕先生には事前に学生から受けていた質疑についてご丁寧にお答えいただきました。数々の建築写真で施されたテクニックやインスタ映えする写真の撮り方など興味深いものから、学生の模型写真の撮り方などへのアドバイスもいただきました。

畑拓先生による講演

畑耕先生による講演

 普段の授業では見聞きできないことを教えていただき、とても有意義な時間となりました。