キャンパスニュース

2018.02.02 建築

進級作品の模型製作に励む日々[ 建築工学科 ]

建物周辺の植栽を製作中

進級作品の提出が迫る建築工学科1年生の授業では、木造住宅の模型製作が大詰めを迎えています。冬休み前に完成した図面を基に、敷地周辺の環境や建物の色彩計画も含めて、建物を立体的に表現していきます。総合提出日まで、いよいよカウントダウンが始まりました。

丁寧な作り込みにリアルさが漂ってます

建築作品を見るときには、平面図・立面図・断面図などの図面類と併せて、具体的な造形や仕上げ材のイメージを把握するために、やはり意匠模型は欠かせない重要なアイテムです。昨年の10月から、様々な試行錯誤を経てやっとここまで完成した課題です。

急いで仕上げないと~!

プランニングや図面の作成に手間取り、若干作業が遅れ気味で焦っている学生もいますが、最後まで諦めずに、あともうひと踏ん張り頑張りましょう!

[ 建築工学科1学年 ]