ブログ

2017.12.21 土木・測量

シチューを造る経験

造園デザイン科1年生が、技能実習で二脚鳥居支柱(にきゃくとりいシチュー)の設置を学びました。

この二脚鳥居支柱は、数年前まで造園技能検定2級の試験課題になっていましたが、内容が変更になってからは経験する機会がありませんでした。

まずは支柱を取り付けるための樹木の移植から。

根鉢は根巻きをし、移植後はしっかりと水を与えます。

今後も実習で必要になる技術なのでしっかり習得して

おきましょう!

続いて、鳥居支柱の組立です。太さが9cm程ある丸太に釘を通して固定します。

これが中々大変な作業で、力の入れ方を間違えると釘が途中で曲がってしまい、最初から打ち直しになります・・

上手く組み立てたら、支柱が壊れないように鉄線(針金)で結束していきます。

巻き方、鉄線のねじれ(キンクといいます)などに注意を払い丁寧に、綺麗な見た目になるように!

最後は、支柱と樹木をシュロ縄で結束すれば完成です。

初めての経験ということもあり、簡単な作業ではなかったと思います。

でも、この技術はとても大切なので、忘れないようにしっかり体得しておきましょう^^/