キャンパスニュース

2017.07.13 土木測量

総合建設実習で技術力を上げる

梅雨真っ只中の6月末、、、今年も土木建設科の2年生は軽井沢研修所内で総合建設実習を行いました!

現場の第一線で活躍されている方々を講師に迎え、3つのコースに分かれての実習です。

まず「足場設置コース」では枠組み足場、単管足場、システム足場の3種類を組み立てます!

街中の工事現場や、コンサートなどのステージに使われている所を皆さんも一度は見たことがあると思います。

完成後に自分たちで組み立てた足場で

記念撮影!

圧巻です・・・(*’▽’)

一つ一つの部材を協力し合いながら組み合わせ・・・

次に「地盤調査コース」では軽井沢実習地に四階建てのリゾートマンションを建設すると仮定し、支持地盤として問題がないかを「標準貫入試験」や「スウェーデン式サウンディング試験」など5種類の試験で調査します。

夜は実習で取ったデータを計算して、

地盤の性質をまとめます(〇-〇)!

10kgの重りを100回以上落下させ、

ひたすら鉄の棒を打ち込んでいきます!

最後に「下水道コース」では雨天時の水はけ改善のため、研修所内の排水管施工を行いました!

埋設して

自分たちの手で掘削して

最後に敷均して完成!

実習中はすべて雨に遭わずに行うことができ、しっかりと勉強に励むことができました(^^♪