キャンパスニュース

2017.07.07 建築

空調機器の能力測定[ 建築学科4年・建築工学科3年 設備専攻 ]

吹出口の風速を測定中

今回の設備実験実習では、空調機の能力を測定結果から求める実験を行いました。エアコンの能力を計算で求めていきます。

エアコンの冷房能力は、風量と温度条件から計算できますが、測定値として必要なものが空調機から吹き出す空気量です。教室内にある吹出口すべての風量を一つ一つ測定するのですが、風量そのままを測定できる風量計が使用できるのは、天井に取り付けてある吹出口だけ。それ以外は吹出風速を測定し、風量を算出することになります。

一つの吹出口で少なくて12か所の風速測定、手間がかかります。

全部の風量が求まると、全体の空気バランスを確認します。測定による誤差のため、ある程度のズレが発生しますが、何とか機器の能力を求めることができました。空気線図も使用して計算をするので、考えながら進めました。測定結果が能力値に直結するので、知識がとても深まりました。

この実験で測定した結果は次の授業でまとめて、レポートとして提出をします。

風速と面積から風量を求めます

[ 建築学科4年・建築工学科3年 設備専攻 ]