キャンパスニュース

2017.02.27 建築

卒業設計作品発表会

発表する側と聞く側に流れる緊張感のある中で行われました。

平成29年2月20日(月) 建築学科、建築工学科、建築設計科の3科合同で卒業設計作品の発表会がステップホールにて行われ、卒業される先輩方々が後輩の為に、卒業設計作品についてプレゼンテーションをしてくれました。

講師の先生方々から厳しい意見や質問もあります。

作品発表会の前半では建築学科、建築工学科の設計、施工、設備の3専攻の卒業設計作品について発表されました。学生にとっては普段あまり触れることのない、異なる分野の貴重な話を聞ける良い機会となりました。

何かを掴んでやろうと必死に聞いています。

作品発表会の後半は建築設計科の3人による、敷地の選定、建物用途、設計主旨等を各自が全く自由に設定した設計発表で、後輩たちは先輩の個性的な卒業設計作品の発表を聞くことが出来ました。来年度は自分たちの番であるので、少しでも何かを吸収しようと目を開いて、一生懸命耳を傾けていました。彼らにとっては、来年度行う卒業設計に大変参考になったことでしょう。

建築設計科の総評を講師の真泉 洋介先生から頂きました。

発表者たちは各講師の先生方々から貴重なご意見、アドバイス等を頂きました。厳しい中にも温かい励ましの言葉があり、来年度、卒業学年になる学生への道しるべと激励も頂くことが出来ました。是非、来年度の卒業設計に生かしてもらいたいと思います。

[ 建築学科3年、建築工学科2年、建築設計科1年 ]