キャンパスニュース

2017.02.01 建築

夜間の学生に聞いてみました。

 遠方から通うか迷っている方達へ

私は群馬県の前橋市から中央工学校に通っています。

中央工学校に入学しようと思ったきっかけは何の知識もなく建築業界で働き1年程たった時に自分の知識、力の無さを痛感したからです。そして仕事をしながら夜間の建築の専門学校に通うことを決断しました。

今の時代専門学校の情報などはインターネットなどで簡単に調べられることはご存知かと思いますが、群馬県に夜間の建築専門学校はありませんでした。また近県の埼玉、栃木にもなく東京で探すしかありませんでした。東京にはいくつかの夜間建築科の学校があり、何校か資料を取り寄せた中に中央工学校がありました。中央工学校に決めた理由は授業内容の充実、歴史ある学校、ネット等での評判の良さ、交通の便がとても良かったからです。

東京に住んだ方がいいのでは?と言う声もありましたが、自分はあくまで今の会社で働きながら勉強したいという気持ちがあったので、自宅から通うという決断をしました。自分は今の会社の理解もあり午前中であがらせてもらっています。

 

最初は不安な気持ちもありましたが、中央工学校に入学してからはそんな不安もすぐなくなりました。授業内容はどれも新鮮でとても楽しく、片道2時間半掛かる通学も苦になりませんでした。今は卒業後の二級建築士試験に標準を合わせています。

もし今自分と同じ境遇、または遠方から通う、仕事をしながら通いたいなど迷っている方はまず中央工学校に足を運んでみて下さい。そして一歩踏み出してみて下さい。

夜間建築科 高橋 将人

[ 建築科2学年 ]