ブログ

2017.01.07 土木・測量

雪吊りの季節ですね

めでたく新年を迎え、寒さも一段と際立ってきましたが、こんな季節の庭園で一際目を引く景観はなんでしょうか??

美しい紅葉・・。

確かに目を引きますが、今回は違います。

樹木にスケスケの傘を被せたようなこちらの装飾。

「雪吊り」といいます。

基は積雪量の多い地域で、樹木の枝が折れないよう保護するためのものです。

関東では主に景観を構成する要素として設置されます。

造園デザイン科2年生は、東京都の有名なホテル「椿山壮(ちんざんそう)」の庭園でその施工現場を見ることが出来ました!

一方、造園デザイン科1年生は旧古河庭園の見学です。

こちらでも雪吊りの施工現場を見ることが出来ました!

冬の庭園を飾る日本の文化について、職人さんからの説明を聞き、間近に見ることが出来たことは非常に貴重な体験です。

自分が目差す道に一歩近づき、有意義な見学会だったのではないでしょうか^^/