キャンパスニュース

2016.12.21 建築

留学生に聞いてみました。

ABARCA WEBER MONSERRATH MARY(コスタリカ出身)に聞いてみました。

私は子供の頃から日本の文化興味があって、建築デザインにも興味を持っていましたので日本で建築の勉強をしたいと思いました。小学生の時にはよく建築雑誌を読んだり、自分が住みたい家の平面図やスケッチを描いたりしました。いつか自分の家といろいろな建物の設計をやりたいと思っていました。

2014年に日本に来て、日本語学校で一年間勉強し、2015年から中央工学校の建築設計科に入学しました。初めての授業で緊張しましたが、先生たちもクラスメートも、みんながとても優しかったので安心できました。また最初は分からないことが多かったですが、友達に教えてもらったり、先生に説明してもらったりしたことで、だんだんと学校の生活を慣れてきました。まだ建築や日本のことをいろいろ知らないことも多いので、これからも勉強を頑張って、残りの学生生活を楽しみたいです。

建築系の留学生の情報はこちらへ。

[ 留学生 ]