キャンパスニュース

2016.12.20 デザイン

クリスマスチャリティーコンサート[エンターテインメント設営科]

サンタクロース。ツリー。イルミネーション。マライヤキャ○ー。

街を少し歩くだけでも、そんな雰囲気につつまれています。。。

東京都北区王子、、、、中央工学校の施設内でも各所でちょっとした飾りっ気を表現し、

若者たちの目を少しだけ課題から現実逃避させてい、、、いやいや楽しい気持ちにさせています。

ご覧下さい、この楽し気な雰囲気を、、、、赤い帽子で着飾った高校生達。。。(会場は中央工学校STEPホール)

グレーのステージには、純白のピアノと、雪の降りしきるシンシンとした城の風景。

鮮花やなスポットライト達が、彼女たち彼らたちを照らし、クリスマスムード溢れる音にあふれています。

(会場は中央工学校STEPホール)

ライトアップされたステージは神々しく耀き、彼女らが奏でる跳ねる音に合わせて、

なにやら聞いてるこちらも徐々に高揚した気持ちになってきます。。。(会場は中央工学校STEPホール)

そんな一夜の時間には、参加したみんなで集合写真。

キラキラで、気持ち高まる!!そんな時間となりました。。。。(会場は中央工学校STEPホール)

さて、集合写真の前列をご覧下さい。

全員作業着を着ている人たちを発見してください。。。彼ら彼女らは、、、、

このステージを設営した「エンターテインメント設営科」の学生達なのです。

今回はそんなクリスマスチャリティーコンサートの前日の舞台裏の紹介がメインとなります。

前回までのこのステージの製作風景はこちらをご覧下さい!!!!

イベント前日、これまで製作したパネル達を搬入。ステージの設営が始ります。

会場である中央工学校STEPホールのステージ上のバトンが降り、照明の調整をおこなっています。

ステージ照明の担当は、講師でもある柳戸先生。蝶ネクタイがポイントのコーディネートでいつもオシャレな先生です。

授業の中でもステージ照明についての講義は受けており、教えにならいながらも、現場指示に耳をかたむけ的確に作業をこなします。

その後、自分たちで描いたパネル達をつなげていく作業。。。

中央工学校STEPホールのステージを覆いつくす程の大きさの巨大パネル。。。

エンターテインメント設営科1年生を中心に作業が進みます。

作業中の彼らの目は真剣。。。設営担当の先生方の指示も大声で飛び交い、本当の現場さながらな様子。。。

この巨大なパネルを、全員で起き上がらせます。。。持ちどころのよいところを持たないと折れてしまいそう。。。

パネルを立たせる、、、、少しの達成感が。。。自分たちの描いた背景が、ステージを向いて登場しています。

それ以外にも、イルミネーション用のLEDも配線していきます。

背景パネルに小さな穴が開いていてその1つ1つに丁寧に刺し込んでいきます。

ビックバンドの演奏もあるため、ステージ上にはひな壇が設営されます。

そのような設備もエンターテインメント設営科が、本番で壊れないようにガッチリ製作。

そうして、作り込まれた今年のクラリスマスチャリティーコンサート。

改めてもう一度、、、、、

演奏をより良い雰囲気で聞いてもらう為のステージ設営、縁の下の力持ち的にエンターテインメント設営科は、

日々様々な製作物を通して、中央工学校のイベントを盛り上げております。

ご参加いただいた、新座高校・朝霞高校・立教新座高校・正則学園高校・都立国際高校・帝京高校の方々、ありがとうございます。

また、このステージ設営に携わって頂いた、風巻先生を始め多くの講師先生方、ありがとうございました。

エンターテインメント設営科は、卒業式の舞台設営をおこないます!こちらもこうご期待です。

今後彼らに期待大です。