キャンパスニュース

2016.12.20 建築

大卒生に聞いてみました。

大谷 剛礼 君

建築設備設計科(2年課程:専門士)

埼玉工業大学 人間社会学部 情報社会学科 卒

大学では4年間部活に打ち込み、専攻していた学科も建築とは全く無関係でしたので、最初はとても不安な気持ちが多々ありました。ですが入学してみると、私のように建築には全く初心者の仲間が多くいましたし、教員の先生方も図面の書き方や、道具の使い方まで一から指導していただくことができるので、すぐに不安はなくなりました。

設備実験室には普段私たちが生活をしている中では見ることのできない、天井裏の配管や空調機、消防設備など様々な設備が整っているので、それを実際に見て授業を受けることができるのでとても理解しやすく素晴らしい環境だと思います。

また、教員の先生方の他にも、卒業生の先輩方や講師の先生方も授業に来ていただき、実際の現場で重要なことなど、リアルな授業をして下さるので、より実践的な知識を身に着けることができます。

授業や課題などで大変なこともありますが、自分のやる気で次第で大いに成長できる環境が中央工学校にはあります。

建築系の大卒・社会人の情報はこちらへ。

[ 大学生・留学生 ]