キャンパスニュース

2016.11.16 建築

インテリア設計 有名家具研究課題

フランク・ロイド・ライト「ミッドウェイ1」

建築学科3年、建築工学科2年、建築設計科2年の合同選択科目インテリア設計では、有名家具研究の課題として、デザイナーズチェアを取り上げ作品制作をおこないました。学内のコレクションルームで実際のデザイナーズチェアを計測して、縮尺1/5程度の模型とプレゼンテーションボードを作成する課題です。提出日の今日は、全員の作品を並べての鑑賞会と発表会をおこないました。

トーマス・リートフェルト「レッド&ブルーチェア」

鑑賞会では、素晴らしい出来映えだと思う作品に投票するため、完成した椅子の模型やプレゼンボードをじっくり観察します。製作が難しい椅子にチャレンジしたものの、素材選びを間違えて形にならなかったり、オリジナルのフォルムとは少し違った形にできあがってしまったりして、学生達の製作過程の苦労が感じられる鑑賞会でした。

誰の「パステルチェア」が一番かな?

鑑賞会の後は投票結果で選ばれた8人が、自分達が調べた椅子の特徴や手描きのスケッチをまとめたプレゼンボードを見せながら発表をおこないました。それぞれにこだわりを持って制作した作品なので、緊張した面持ちながら皆堂々と発表をしていました。

[ 3科合同選択科目 ]