キャンパスニュース

2016.06.27 建築

子供室リフォーム課題 ? [建築室内設計科1年]

 1年生前期の大きな課題の一つである「子供室リフォーム」の作品が完成しました!

 建築室内設計科の学生たちに、建築・インテリア業界を目指そうと思ったきっかけは何?と尋ねると、多くの学生が「リフォーム」という言葉を口にします。

 そんな憧れのリフォームの課題に取り組む学生たちの様子と、作品の作成過程をお届けします!

トレーシングペーパーにエスキス作成

模型を作りながら立体的にプランを練ります

教室後部まで作業スペースを拡大して模型作成中・・・

インテリア模型は、家具の細部まで表現していきます

 この課題では、クライアント(お客様)の設定から自分自身で行い、要望をどのように叶えるか、また設計者としてどのような提案をするか、ペーパープラン、インテリア模型を作成し、最終的にA2サイズのプレゼンテーションボードにまとめていきます。

 「子供室リフォーム」のプランを考える上で大切なことは、「今」のことだけを考えるのではなく、子供の成長や家族構成の変化に合わせて、長い目で見た部屋のあり方を検討することです。

手描きの平面図はパステルと色鉛筆で着彩します

インテリアパースは透視図の授業と連携して作成

一つひとつのパーツをカットして、ボードにレイアウトしていきます

提出!講師の先生にお褒めの言葉をもらって一安心

 はじめての設計課題に最初は苦戦していましたが、入学前から憧れていたリフォームの課題に、クラスメイト達と切磋琢磨しながら、とても楽しそうに一生懸命取り組む姿が印象的でした。

 同じ間取りでも、完成する作品は十人十色。一人ひとりの個性が光ります。

 次回は、全員での作品審査会とプレゼンテーションの様子をお届けします。

[ 建築室内設計科1年 ]