キャンパスニュース

2016.06.22 デザイン

3年生の実力。[インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3A]

湿気。。。

机がほんの少しだけ湿っている。

エスキスを始めようとして、図面やトレぺを広げるが、その湿り気でクルックル曲がってしまい、

あつかいが悪い。心地も悪い。そんな湿り気を解消する方法は、ある程度の冷房なのかもしれません。

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3年生。

もっぱら就職活動中なのです。袖のボタンを留め、ネクタイをしっかりと締めて。。

単機で挑むのです。就職活動だけではなく、しっかりと課題もおこなっています。

現在インテリアデザインの授業では、空間のコーディネーション課題をおこなっています。

Mac使いの彼は、Macの社風とは正反対の衣装に身を包み、とても真剣に課題に挑んでいるの図であります。

しかしそこはさすがMac使いなのでしょう、マウスを使わないというこだわりを発揮しています。。。

やばい、課題に行き詰った‼の図であり、

このあと、しっかり「消しなさい」と指導致しました。の図でもあり、

しっかり形取れてるね、さすがデザイン科。でもまだ甘めの図でもあります。

それぞれの学生が自分のペースを作りながらエスキスを進めています。

イメージを描き続けて、とにかく形にしていく。形にできれば大きさや色味の話ができる。

この段階での絵の上手さは、上手いにこしたことはないですが、さほど重要ではありませんね。

平面図+展開図+天井伏図と、空間を上から横から下から見たような図達を、平行に見渡していっぺんに計画していきます。

この手描きのエスキス、とにかく描き込むことが重要で、見返したときやパッと見たときのわかり易さが重要になります。

エスキスのチェックを終えると、ここからはPCの出番です。

CADは、Vectorworks(ベクターワークス)を使い。3年目ともなるとキーボードの上を手がスムーズに泳ぎまわります。

左手小指はコントロールキー(Mac使いはコマンドキー)。マウスクリック音が作業のスムーズさを物語る。

手元にチェックバックを受けた図面を抱え込み、カチカチカチカチカチカチ。

留学生の彼のPCは、宇宙最強といわれるゲーミングPC【Alienware】ですね。

学生は入学当初購入したPCを使い続ける子もいますが、改めて買い直す学生もいます。

課題はまだまだ形になっていないので、今後も追いかけて進行をお知らせしていきます。