キャンパスニュース

2016.06.22 建築

木材会館・合板博物館見学会

木材会館 外観

ツーバイフォー演習(選択科目)の授業で新木場にある、木材会館と合板博物館の見学に行きました。

木材会館は鉄筋コンクリート造でありながら、外装・内装材としてふんだんに国産木材が使用されています。

学生たちは建物が見えるなり、その外観デザインに圧倒されていました。

木材会館 ホール

建物内に入ると、木の香りが漂います。

内装材には本来、内装制限という規制があり木材を使用するのが難しいのですが、安全に避難できることを検証し、不燃処理をしていないムク材が使われいます。

これまで、事務所ビルはガラスやコンクリートといったイメージがあった学生たちも、木材の可能性を肌で感じられたようでした。

合板博物館 実寸模型見学

次の見学先である合板博物館には、授業で勉強しているツーバイフォー工法の実寸模型や様々な材料に触れられたりと、充実した時間を過ごすことができました。

[ 建築学科3学年 ・建築工学科2年・建築設計科2年]