ブログ

2016.05.21 建築

企業・卒業生による業界セミナー[建築室内設計科における企業との連携授業(1)]

 平成28年5月16日、建築室内設計科の1、2年を対象に、企業・卒業生による「業界セミナー」を実施しました。

 店舗の内装施工を請け負う「株式会社三共」、建材ガラスを専門に扱う「日研硝子株式会社」にご協力をいただき、内装業界の主な仕事の流れや、施工事例等についてご講演いただきました。

 また、現在それぞれの企業で活躍をされている本校の卒業生にもご出席いただき、中央工学校を卒業して実務を経験し実社会で学んだことや、普段の仕事について発表していただきました。

株式会社三共 取締役部長 高木様

日研硝子株式会社 代表取締役社長 久保様

 平成25年に、建築室内設計科を卒業した、株式会社三共の丸岡すず代さんは、入社してから約2年間で担当された店舗やオフィスなどの物件を、写真や図面等を交えて説明してくれました。

 また、平成26年に夜間建築科を卒業した、日研硝子株式会社の田中千尋さんは、就職してからの1年間の仕事の流れや、ガラスを扱う会社に就職を決めた動機について、熱い思いを語ってくれました。

担当した物件について、わかりやすく説明してくれました

社会で働く先輩たちに、熱い視線を送る学生たち

 お2人とも、女性の内装施工管理者としての苦労もあるようですが、女性であることが強みになるときもたくさんあるというお話がとても印象的でした。

 学生たちは、社会に出て立派に働いている先輩たちに、憧れのまなざしを向けていました。

 1年後、2年後に、自分が社会人になることへの期待と不安でいっぱいの様子です。

たくさんのアドバイスをくれた卒業生

学生も積極的に質問を投げかけていました

 最後に、卒業生であるお2人に、後輩である学生からの質問に答えていただきました。社会に出ていく上でのアドバイスや、自身が学生の時のことなど、貴重なお話をしていただきました。

 現在就職活動真っただ中の2年生も、入学して間もない1年生も、今回のセミナーを通して、新しい発見や自分自身のこれからについて考える、とてもいい機会になったと思います。

 お忙しい中ご協力をいただいた企業の方々、卒業生のお2人、本当にありがとうございました。

[建築室内設計科1・2年 ]