ブログ

2016.04.30 建築

雨の中、谷中と表参道へ敷地見学

谷中の敷地前で

建築工学科2年生の設計製図授業で次に取り組む課題は、『複合施設を含む集合住宅』です。1年生の時よりも、建物の規模や敷地面積が格段に大きくなりました。今日は雨が降る中、敷地に設定されている谷中と表参道へ校外見学に出掛けました。

雨の表参道

見学では、谷中と表参道の街の印象やそれぞれの場所を訪れる人々の違いをよく観察し、その街に求められるニーズを読み取らなくてはなりません。街の活性化や新たな価値感を生むような設計を目指して、雨に濡れながら二つの街を歩き回った学生達です。

表参道ヒルズの吹抜け

表参道では有名建築家が設計した多くの商業建築の見学も行い、多くの刺激を受けました。よい設計をするためには、よい建築物の見学は欠かせません。家と学校の往復だけに留めずに、今後も東京の素晴らしい建築物を積極的に見学してほしいと思います。

[ 建築工学科2学年 ]