キャンパスニュース

2016.03.29 デザイン

就職活動?模擬面接?[インテリアデザイン科2A・インテリア科1A・エンターテインメント設営科1A]

インテリアデザイン科2年生、インテリア科1年生、エンターテインメント設営科1年生は、就職活動突入。

就活戦線に斬り込むべく、斬り込む前に我が刀を磨かねばならぬ。。。。。

我がデザイン系学科の就活生が磨かねばならぬ刀とは。。。。

会話力…?スマイル…?作品集…?

今回のエントリーは、そんな磨くべきものを露わにする「模擬面接」について!

中央工学校就職指導課のご支援のもと、、、、さっそく。。。。

模擬面接は、学校施設内で行われました。今回の場所は、STEP。

模擬面接を待つ学生達。。。

この団体は、インテリア科でしょう。カメラを向けると安定の目線、頂きました。

さて、面接会場の中へ突入してまいりましょう。

模擬面接会場。。。緊張感が漂う、ハリツメタ空気。。。

学生たちの頭の中はフル回転中。。。

フルスロットルブレーンの狭間で、「私の姿勢は大丈夫かしら」「手の位置は大丈夫かしら」とさらに回転数を上げていく。

ちがう会場にも突入。。。

ここではほんのり内容をご紹介。。。

学生はインテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻の学生で、若年者ものづくり競技大会に出場した彼。。

面接官:「実習の中で、どんなものをつくったんですか?」

学生:「はい、キャビネットを製作しました。」

面接官:「大きさはどれくらいでしょうか?」

学生:「はい、人それぞれ、、、によって、、、カタチが違く、、、、、、、、、、、」

緊張がものすごい。。。言葉が出ない。。。抜刀できない状態。。。

こんな状態を想定して、ある程度答えるべき内容を考え準備しておく必要がありますね。。。

さて、ほとんどの学生たちが緊張をしながらの模擬面接となります。

人は緊張すると、身体を覆いたくなるようですね。

茨城から家具を学び、家具職人になりたい彼の手が。。。

面接会場の待合では、どう座ったらよいか、、、、同じクラスの友達と確認し合ってます。

模擬面接。。。。面接の練習ですね。

「面接の仕方なんて、高校入試とかでやったことあるから大丈夫だよ〜」

なんて思えない。ほとんどの学生が、、、、

「面接ってどういう感じだっけ?どんな言葉使えばいいんだっけ?」

と、ものすごい不安でナーバス気味になります。

模擬面接は、そんなナーバス気味になりがちな気持ちを払拭し、、、

「今の自分はこれができないんだ」とか「これはできた」と、確認できる場所であります。

磨くべき場所がはっきりとすると、本当に就職したい会社の面接のときに、少しだけ不安がなくなりますね。

多くの学生の就職活動が円滑にすすむことに期待します!

就職指導課の先生方、担当教員の先生方、ありがとうございます!