キャンパスニュース

2016.03.01 デザイン

本物を創り上げる人たちの言葉[デザイン系全科]

我が中央工学校デザイン系学科は、職業実践専門課程であります。

えっなにそれ?でございますよね。

簡単にいうと〜といつものように書けますが、、、、

ここは、簡単に説明することもせず、説明することもせず。。ただリンクを貼らせて頂きつつ。

そんな仕組みや動きの中にはたくさんの学生へ還元されるイベントを多数繰り広げます。

その中の1つをご紹介。

「業界人による講演会」

業界すなわち、インテリア・建築・エンターテインメント関係に携わり、

第一線でご活躍されている先生方を御呼びいたしまして、素敵なお話をしていただく、そんな時間でございます。

現在もご活躍されている先生方の言葉1つ1つが、学生に届いてほしい。何かをつかんでもらいたい、そんな気持ちです。

お越しいただいた先生は、株式会社シミズオクト生産本部デザイン部の内田優美先生。

先生は、コンサートステージなどを主に手掛けるデザイナーでございます。

学生たちの誰もが知るようなアーティストのステージを手掛けている方で、

学生たちもあっと驚くような様子でした。先生が発する素敵な言葉1つ1つが突き刺さります。

先生は「普段の帰り道、何気ない発見や事柄に気付いてそれを観察してほしい」そうお教えいただきました。

先生はこうも「デザインは1発では決まらないことも多い」「1度だめでも、あきらめずやる」

そうして先生はデザインの決定までに何十案も出した件についてお話してくださいました。

普段学生たちは、エスキスチェックで赤ペンを入れられて、

自分のアイディアはダメなんだとその1回きりであきらめてしまう。。

でもそこでフンと踏ん張ってもう一度直していく、デザインとは話し合いだ、という有名なデザイナーもいます。

2人目は、日影良孝建築アトリエの日影良孝先生のご講演。

先生は、普段建築家として住宅を中心にご活躍されています。

今回は、古民家についてお話をただきました。先生の設計スタイルはすべて手描きでおこなうそうです。

詳細図面など手描きの図面が多数スライドに出てきました。。。恐ろしい手描き詳細図。。。。

先生からもいろいろなお言葉をいただきましたが、、中でも、、、学生からの質問で、、、

「どうして続けられるのか、、、、」「続けるにはどうしたらよいか、、、」という質問に対して、

先生はこう答えていただきました。。。

「私にはこれしかない、ずっと昔から建築しかない、だからこれいがいない」

両先生ともに、その仕事を好いている。それをすごく感じました。学生1人1人にどう伝わったか。。。

今好きか嫌いかではなく、、どう好きになるか、、、、

堀口校長先生もお越しいただきまして、最後にお言葉を頂きました。

デザイン系学科、インテリアデザイン科・インテリア科・エンターテインメント設営科、

その3学科のすべての学年が、STEPに集合し、全員で同じ話を聞きました。

卒業していく学生も在校生も、この時間をどう受け止めて今後に向けて進んでいくか。。。

学生は、春休みに突入します。。。じっくり考えつつ、、、、

思い立ったら行動あるのみ、動きましょう!若者たち。。