キャンパスニュース

2015.12.19 建築

インテリア設計 自分の寸法を知る

先ずは身長を計測

建築学科3年、建築工学科2年、建築設計科2年の合同選択科目インテリア設計授業では、次の課題の準備の一つとして人体寸法とモノのかかわりを学びました。インテリア空間にとって大切なのは、『人体寸法+動作空間』です。どんなにお洒落なインテリアでも、生活するのに窮屈な空間では快適な毎日を過ごすことができません。

上肢挙上指先端高の計測

先ずは、自分の身体寸法を知るために、基本となる身長や軽く手を挙げた指先までの寸法、両手を横に広げたときの寸法や肩幅、手を下ろした指先から床までの寸法など、日常生活に必要な部分の自分の寸法を計測しました。

指極は両腕を横に大きく広げて計測

様々な人体の寸法は身長からの略算値で求めることができますが、実際に計測してみたときの寸法との誤差もあります。計測と計算では、+80~-50mm程度の誤差があることが分かりました。

肩幅や指先端高も計測

改めて知った自分の寸法に、学生達の一喜一憂の声が教室内に響き渡りました。こうして様々なインテリアの知識を楽しく増やしながら、次の課題制作に取り組みます。さぁ、冬季休暇明けには、エスキスの提出です!

[ 建築学科3年・建築工学科2年・建築設計科2年合同選択科目 ]