キャンパスニュース

2015.11.10 デザイン

リアルに魅せる[インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3年]

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3年生

「プレゼンテーションテクニック」の授業。細やかで、美しい仕事を学ぶ。

ひとたびはじめると、憑りつかれた様にどっぷりとハマってしまうであろう、魅惑のミニチュアワールド。

リアルに魅せる。

リアルに魅せるために、、、

最初に製作したものは、キッチンセット。

次に製作したものは、椅子とテーブルのダイニングセット。

キッチン・ダイニングと製作しながら、冷蔵庫も製作していきました。

この家の冷蔵庫は、少し汚れてますか?

さて、そろそろこの魅惑のミニチュアワールドにも目が慣れてきましたね。

ここからは、学生作品たる純然な「荒」探し。。。

どれもこれも、「リアルに魅せる」ために、兼任講師の青木徹先生に手ほどきを受けながら、真剣に製作している模型です。

純粋でクリーンマインドで、魅惑のミニチュアワールドをご覧下さい。

決して、冷蔵庫に目を向けてはいけません。。。

キッチンセットのキャビネットパネルには、学生それぞれの色で表現をしています。

ここまできて、お気づきの方素晴らしい注視力でございます。

ダイニングテーブル上にセットされた、美しきテーブルウェア達。。。

こちらは、「リアルに魅せる」ために欠かせないものです。

インテリア模型は、このような品物がないと、リアルに魅せることができません。

ただ、、、、スーパーリアルクオリティを誇るテーブルウェアは、兼任講師青木徹先生の品物。。。

この品物をお借りするだけで、「荒」という「荒」がみえなくなっています。。。

こんな模型の作り方。。。

どうやって作るか。どんな作り方があるのか、、、、インテリアデザイン科ではしっかり学ぶことができます。

改めて、キッチンセットと(もちろん冷蔵庫も)ダイニングセットに注目してみてください。

「リアルに魅せる」、、、そんな想いを感じることのできる作品たちですね。

今後の彼らに期待です!!