キャンパスニュース

2015.11.10 建築

伝統建築調査実施しました

 伝統建築調査では、軽井沢合宿研修所内の、国指定の登録有形文化財に指定されている築180年の三五荘という古民家と、本格的な数寄屋建築の広間や茶室の実測調査を行いました。建築物を実測し、そのデータを基に図面を製作し、模型をつくりました。平面図・展開図・天井伏図をかきました。しかし、計測ミスにより計算が合わなかったり、測り忘れている場所が見つかるトラブルがあり、学生は作業場と実測場所を行き来しながら、詳細を詰めていました。この実習を通して日本建築の素晴らしさを体感し、チームワークの大切さも実感できる充実した研修になりました。

古民家の広間を実測

敷居の大きさを実測中

数寄屋建築の広間を実測

図面から模型を制作する

[ 木造建築科1学年 ]