キャンパスニュース

2015.10.17 建築

室内2年*スガツネ工業ショールーム見学会*

 建築室内設計科の2年生は、家具デザインの授業において、スガツネ工業のショールームへ見学に行ってきました。

 スガツネ工業は、主に家具・建築金物などを取り扱う総合メーカーです。家具・建築金物とは、扉に使われる丁番や机の引き出しをスムーズに動かすスライドレールや、貴重品を守る鍵、円滑な移動をするためのキャスターなど、私たちの生活の身近なところにたくさん使われています。

 家具デザインの授業では、卒業制作で設計している施設に配置する家具をデザインします。実物に触れることのできるショールームの見学は、とても勉強になりました。

 また、10月11日に実施されたインテリアコーディネーター資格試験を直前に控えての見学会だったこともあり、より貴重な経験になったと思います。見学会で得た知識を今後に活かして頑張りましょう。

見学の様子

家具・建築金物の種類の多さに驚き!

実際にどのように金物が使われるのか、一目瞭然

ショールームの方の丁寧な説明に、真剣に耳を傾けています

[ 建築室内設計科2年 ]