キャンパスニュース

2015.05.20 建築

月島校外見学

月島駅集合

建築科の計画演習授業で、次の課題「月島住宅」のための見学を行いました。集合時間にパラパラと雨が落ちてきてしまいましたが、何とか大降りにならないうちに、見学をすることができました。

月島駅から佃島方面に向かい、ウナギの寝床とも言われる木造住宅を見学しました。狭い路地を歩くと、明かりの灯った家々から家族団らんの様子がうかがえて、これぞ月島といった景色が広がっています。今回の課題では、こうした路地のある場所を設定しています。

すれ違うのも大変なほど狭い路地の一角に、何とも不思議な空間が広がっているのも月島ならではです。「佃天台地蔵尊」には、屋根を貫くイチョウの木が間近に迫り、思わずそのパワーに引き付けられた学生達です。

歩いているうちに辺りはすっかり暗くなってしまいましたが、赤い欄干が風情を感じる佃小橋の上に立って、昭和の雰囲気漂う木造の家々と、再開発で建てられたタワーマンションを眺めると、これこそが月島といった風景です。さあ、次回の授業からいよいよエスキス開始です。ぜひとも、今までにない新しい「月島住宅」を考えてほしいと思います。

[ 建築科2学年 ]