キャンパスニュース

2015.05.20 機械・CAD

平成27年度 卒業生講演会

5月20日(水)中央工学校 STEPホールにて卒業生講演会が行われました。

卒業生講演会

講演者は 昭和59年卒業の 後藤隆司様、現在は日進工具株式会社の副社長として活躍中です。

講演のタイトルは『極微細径エンドミルの製作と極微細加工について』になります。

髪の毛に加工

参加者は、

  機械学科

  メカニカルデザイン科

  3D-CAD科

の全学年の学生です。

こちらは、日進工具さんで作っているドリルの写真ですが、直径が10μm(0.01mm)と、とてつもなく小さなドリルです。

このドリルで、いったい何に穴を開けるのだろうか?

ちょっと見にくいかもしれませんが、こちらの写真は日進工具さんで加工したサンプルになります。

中央の丸い棒のようなものに「日本ものづくり」という文字が彫られていますが、この丸い棒のようなものは何と人の髪の毛です。

どうやって髪の毛を固定して加工したのかすら想像でません。

学生

極微細加工のサンプルを持って来ていただいたので、休憩時間には学生が直接見ようと集まってきます。

学生

さすがは3年生、休憩時間にも積極的に質問をしていました。

さて、学生諸君は将来どんな技術を開発するのだろうか。