キャンパスニュース

2015.05.02 建築

浮間公園敷地調査

浮間公園敷地調査

木造建築科の2年生はRC造設計製図課題『公園の中に建つ展示施設』の敷地調査の為に、浮間公園に行きました。浮間公園は公園の約40%が浮間ヶ池になっており、多くの自然や緑に包まれた公園です。シンボルとして風車が設置されており、その風車の付近を計画敷地として提案しています。

実際の敷地を歩いて確認^^

計画では、アプローチや池の位置を考慮し、最大限に自然を活かし、風車を利用するのも良いと思います。また、学生は対岸へ周り見え方やスカイラインなども考えていました。敷地調査は基本中の基本。これからに活きることなので学生も真剣に敷地調査していました。

アプローチの方向を考えています

対岸からの計画敷地

[ 木造建築科2学年 ]