キャンパスニュース

2015.04.30 デザイン

木工の世界に入門[ファニチュアデザイン専攻2B]

ゴールデンウィークが始まりました。が、、、

我が中央工学校は、暦どおりのスケジュールでまいります。

本日は、インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻2Bの家具製作入門についてのエントリー。

木加工入門編では、ノコギリの使い方やノミの使い方の訓練がスタートしております。

道具の使い方を教わりつつも、木加工の世界に入り込んでいきます。

ホゾ加工の練習であります。男木(オギ)と女木(メギ)であります。

現在彼女が練習しているのは、男木の加工を練習中。

足を使って木を抑えつつも、垂直に削る意識は遠のかないように注意して、、、と、、、、

1つの作業にいくつもの技を繰り出さなければ加工ができない、、複合テクニックである。

女木の方は、穴掘ればそれでいいなんて、、、大間違いである。誰でもできるというものなんだが違う、、、

確実に、鍛錬積んだ猛者のみが、繰り出すことのできる究極の完成度。目指す先は、そこであります。

集中して、手順を身体に叩き込み。。。。

兼任講師の青木先生のマンツー指導。1つ1つのテクニックを盗みます。

ホゾ穴のあけ方手順は①〜⑤の順に作業をするのだが、、これだけではなぜ平になるのかは不明。。。

そこに絶妙なテクニックも隠されているのだろう。

1つ1つの作業に1つ以上の注意しなければならないポイントがあり、それらを慎重にクリアしてこそ、

達するベターな仕上がり。そこから究極の完成度へと高めていくには、幾千もの鍛錬が必要であることは、明白である。

日々精進、毎日鍛錬、未来の家具職人に期待しています。