ブログ

2015.02.17 建築

留学生に聞いてみました。

コメントをくれた何怡馨さん(卒業制作プレゼンボード前にて)

現在、建築設計科(2年課程)に在学をしている何怡馨さん(台湾出身)に、聞いてみました。

建築を学ぼうと決めた時、いくつかの学校を比べて、中央工学校に決めました。中央工学校に入って実際に授業を受けてみると、各教科とも教科書だけではなく、実務の経験談や業界の最新情報などを織り交ぜながら、分かりやすく教えてくれます。分からないことや設計で困っているときは、気兼ねなく先生に相談できる環境にとても感謝しました。

教室の勉強だけではなく、総合建設実習という実技研修もあります。溶接や鉄筋を組む、足場作業を実際に経験することで、図面だけでは分からない、色々な専門職の人たちの技術によって成り立っていることを理解し、より建築に敬意を払うようになりました。

ほかにもSTEP UPセミナーという有名建築家の講演会、実技講習会や各種資格の対策講習などがあり、より一層自分の知識、思考を広げ磨くことが出来ます。

課題は多くてきつく感じる時もあるかもしれませんが、先生たちが相談に乗って、全力で支えてくれますので、本気で建築を勉強するには最適な環境と思います。

建築系の留学生の情報はこちらへ。

[ 留学生 ]