キャンパスニュース

2014.12.24 建築

自室の改修課題 審査会&講評会

机の上に全作品を並べて…

建築科1年生では、計画演習授業で取り組んでいた『自室の改修』課題の提出と、審査・講評会が行われました。全員が、一番素晴らしいと思う作品を1点、二番目に凄いと思う作品を1点、三番目以降の作品を3点まで選んで投票します。

作品を真剣に審査中!

制作期間が短かったのに力作揃いの作品ばかりで、選ぶにも時間がかかりました。コンセプトを読み込んでいくと、香りや空気といった建築的要素だけでない部分に対する面白い提案もあり、票が大きくバラける結果となりました。

手描きの内観パースが上手い!

やはり模型やパースなどで、立体的なイメージを上手く伝えられた作品には票が集まりました。また、インテリアの素材や照明、改修後の具体的な使用例などが表現されていると、見る人に内部のイメージがよく伝わるようです。

代表者によるプレゼンテーション

審査の後は、投票で多くの票が集まった人にプレゼンテーションをしてもらい、A3用紙では表現しきれなかった部分を熱く語ってもらいました。こうして、他人の作品から刺激を受けて、次の課題制作に活かしてほしいと思います。

[ 建築科1学年 ]