キャンパスニュース

2014.11.25 デザイン

卒業制作[インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3A]

11月の3連休が閉幕し、現実に引き戻される火曜日。

この冷え込みにより、体調に異変を感じる人も多いはず。。

どうか、身体を冷やさないよう心掛けください。。。

背面に刀(模型)!?

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3年生の「卒業制作」のご紹介。

10月からスタートしてます、「卒業制作」

自分にとってのインテリアデザインとは?なんて大それたことではなく、

自分でテーマをきめて取り組む、3年間の集大成。

例えば、住宅のリフォームをやりたい!とか、大規模なカフェを作りたい!とか

大まかな事柄が決定したら、いよいよ本番です。

自分で、物件を選択し、自分で図面を入手したり、実際のお話を聞くためにアポイントを取ったり。

物件の資料がそろったら、資料のデータ化をしていきます。

図面はCADでトレース。3年生にもなると、だまーってさらーっとトレースできます。

トレースデータは、出力し度々チェックをもらいます。赤ペン先生です。

同時に、テーマ・コンセプト・プランニングなど、デザインの骨組みを構築していきます。

この作業は「エスキース」と呼ばれ、とにもかくにも最も重要な作業。

自分のイメージを文字やカタチにしていきます。

そんな作業は、時として、脱線することもあります。

脱線ばかりではないですよ、もちろん真面目なページは山ほどあるんです。

ちゃくちゃくと11月も終わりを迎え、本腰入る12月。

しっかり卒業するためにも、彼らを応援してあげてください!