キャンパスニュース

2014.10.08 建築

子供室リフォームデザイン ?提出・プレゼンテーション編?

 建築室内設計科の1年生は、先日、7月から取り組んできた『木造2階建住宅 子供室リフォームデザイン』の総合提出日を迎えました!

 初めて自分で一からプランニングをした課題です。初めは思うようにいかず、頭を悩ませることもありましたが、先生や友人にアドバイスをもらいながら、一歩ずつステップを踏んで、無事に全員提出することが出来ました。

提出直前の、モノが溢れかえった慌ただしい教室・・・

無事に完成~(^^)!!

 提出後、グループに分かれてのプレゼンテーションを行いました。自分の作品について、自分の言葉で説明をします。どんなコンセプトを掲げて作った作品なのか、一押しポイントはどこか・・・など、改めて言葉にして話すことは、結構難しいものです。

 しかし、自分の考えを相手に「伝えること」=「プレゼンテーション」とは、言わば作品作りの最後の大仕事なのです。第三者から自分の作品の評価を得ることは、とても大切なことです。いい評価ばかりではないかもしれませんが、その反省や気付きを、次の作品づくりに生かしていくことで、自分自身の成長に大きく繋がります。

グループ発表の様子 池井さん

グループ発表の様子 川口くん

 グループ発表のあとは、全員の作品を机上に並べて、作品審査会を行いました。課題の基になる部屋の間取りは全員同じですが、プランは十人十色。同じものはひとつもありません。学生たちが、真剣に作品作りと向き合って、まとめ上げた思いが、A2サイズのボードに詰め込まれています。

 全作品閲覧のあとは、投票により選ばれた学生の代表プレゼンテーションを行って、子供室リフォームデザインはすべて終了です。3か月間、よく頑張りました!

 後期からは『鉄骨造2階建店舗設計(カフェ)』の課題に入ります。徐々にステップアップしている建築室内設計科の1年生!これからに、乞うご期待です!

審査会:友達の作品を見るのはとても楽しくて面白い!

1位に選ばれた川嶋さんのプレゼンテーション

[ 建築室内設計科1年 ]