キャンパスニュース

2014.10.01 デザイン

キッチンの模型に時間をかけます[インテリアデザイン科3A]

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3Aのプレゼンテーションテクニックの授業では、

ものすごい高い精度の模型を製作することを学びます。今まで製作した模型が嘘のようなほどの完成度。

製作した学生が奥の窓からのぞきます。彼の年齢は21歳。3年生ですか、もう成人しております。

彼、、、こんなに精度の高い模型ができて相当興奮しているようです。

学生が製作する範囲は、このキッチンと冷蔵庫↑

精度の高い模型は、表面の材質を再現することがとても難しいところです。

そこを講師の青木先生より丁寧に学んでいきます。

そして完成したものを講師の先生お手製の撮影キットにはめ込んでいきます。

いろいろな小道具もカチカチ設置していきます。この小道具がとても重要になります。

絵画やパン、壷やレンジ、ワイングラスなどなど、、、、すべて講師先生の青木徹先生のお手製。

ほんと、、「○リエッティの借暮らし」さながらでございます。

そうして小物を置いたあとがこちら、、、ドン!!

先ほど、窓からのぞいていた彼は、いまだ興奮冷めやらぬ様子。ムムム。

他の作品はこちら!ドン!!

ブルーなスタイル。

レッドなスタイル。少し取っ手にガタつきあり。

グリーンでシックなスタイル。

ブルーでシックなスタイル。なかなかナイス。。

このクオリティが卒業制作につながるといいですね!乞うご期待!