ブログ

2014.09.24 建築

月島住宅 講評会

力作が勢ぞろい

建築科2年生の計画演習授業で、夏期休暇前から5回に掛けて制作していた『月島住宅』の課題提出日に合わせて、作品の講評会が行われました。月島の木造住宅が建ち並ぶ一角に、夫婦二人が住むための住宅の提案です。教室に全作品を並べて、学生一人が3点の作品を選んで投票しました。

CGを駆使した作品

最終的な作品表現に目を奪われがちですが、主旨を読み込むと面白い提案の住宅が少なからずあり、3点の作品を選び出すには、かなり時間を要しました。やはり作品制作に掛けた時間は、作品の完成度に比例するようです。

プレゼンテーション

集計の結果、多くの票を集めた作品のプレゼンテーションを行い、最後に講師の先生に講評をもらいました。同じ敷地を利用してもその解答は様々で、二つと同じ作品はありません。そんな中、票を集めるための工夫や技術も大切な評価の一部になることが、身に染みてよく理解できる授業になりました。

[ 建築科2学年 ]