キャンパスニュース

2014.07.15 建築

新宿地域冷暖房センターを見学

分かりやすい模型です

 建築環境測定の授業で見学に行ってきました。

 今日は新宿地域冷暖房センターの見学です。

 ここは主に新宿の新都心を中心に都庁をはじめ様々な場所にエネルギー供給を行っている会社です。

 今回の見学を通し、様々な設備を見学することができました。

 まず始めに、どうやって地域にエネルギーを供給しているか、どんな機器があるか、どんな物を使って供給しているか、エネルギー供給をしている地域はどこか、など資料を中心に説明をしてもらいました。私がそこで興味をもったものは、西新宿地区における広い地域にエネルギーを供給できるという点でした。

 またそのエネルギーを送るパイプをどのように通しているのかなど説明を聞いていてとても勉強になり、このような開発を思いつく人は自分とは違う世界に住んでいるとつくづく思いしらされました。

資料を中心に説明です

世界に五台しかない冷凍機です

 施設の見学では、世界最大級のターボ冷凍機を見学しました。この冷凍機がないと、夏のピーク時はエネルギーの供給が追い付かないという話を聞き、10000RTというのはそれだけすごいものなのだなと感じました。

 その他にガスタービンや水管式ボイラや蒸気駆動復水タービン・ターボ冷凍機や電動ターボ冷凍機などを見ることができました。普段は見ることのできないものを見学出来てとてもいい経験になりました。

[ 建築設備設計科2学年 ]