キャンパスニュース

2014.06.18 建築

建物見学

大鋸挽きの展示

建物見学で「国立歴史民俗博物館」へ行きました。千葉県佐倉市にあり日本の歴史と文化に関するものが総合的に展示されています。

木造建築科の学生らしく、昔の大工作業の様子を再現している展示に興味深々です。昔は、大鋸(オガ)という道具を使って、二人がかりで板を挽いていたということを知って驚きました。

復元模型見学中

こちらは街並みの復元模型を熱心に見学中です。たくさんある展示物の中でも、やはり建築に関するものに目がいくようです。

大工道具の三種の神器

古来より大工道具の三種の神器とされてきた、釿(チョウナ)と墨壺(スミツボ)と曲尺(カネジャク・サシガネ)も展示されていました。最近実習で制作したばかりの墨差(スミサシ)もあり、こんなに古い時代から使われていることを知って皆嬉しそうでした。

[ 木造建築科1学年 ]