キャンパスニュース

2014.05.28 建築

自分の居場所 ?はじめての作品完成?

描き起こした図面は色鉛筆で着彩

 建築室内設計科の1年生は、先日、入学してはじめてとなる、記念すべき1作品目が完成しました。

 

 作品タイトルは “自分の居場所”

 普段生活している家の中での“自分の居場所”を図面化し、写真や、お気に入りポイント、改善点などをA2サイズのボードに自由にレイアウトしてまとめていきます。

レイアウト考え中・・・

 まずは、メジャーを使って図面化する部屋、机や椅子・棚などの家具も一つひとつ採寸し、平面図とアイソメトリックを描いていきます。

 隅から隅まで測ったつもりでも、図面化していくと「あれっ?」となることもしばしば。測って描いて、また測って・・・を繰り返して、ようやく図面が完成。

完成!

 ネタがそろったら、部屋のテイストやバランスを考えながらボードを自由にレイアウトしていきます。それぞれが見つけてきたアイテムをうまく組み合わせ、あとは自分のセンスに任せるのみ!見やすく目を惹くようなレイアウトを心がけます。

審査会の様子

 提出後、全作品を教室に並べて審査会をします。

 普段生活している部屋をクラスメイトに公開することは、ちょっと恥ずかしかったようですが、みんなが普段どんなところで生活をして、どんな作品に仕上げたのか、やはり気になる様子。和気あいあいと楽しい審査会となりました。

1位に選ばれた川嶋さんのプレゼンテーション

 投票の結果、1位から10位に選ばれた学生10名がプレゼンテーションを行いました。はじめての作品ではじめてのプレゼンテーション。はじめてづくしで大変だったと思いますが、確実に日々めきめきと成長中です。

 これからも、彼らの成長の様子をお伝えしていきたいと思います。

[建築室内設計科1年]