キャンパスニュース

2014.05.19 デザイン

スチロールの色付けがスタート

前回までの内容は、こちら!!

平面から立体へする作業の続き、インテリアエレメントのエントリー。

立体にした油土モデルをみながら今度は、スタイロフォームのモデリングをしていきます。

このモデルはまさに大人気モチーフの○ッフィーさんではないですか!!

イカしたTシャツをきた彼は、大まかなカタチをとっています。ナイスです。

立体にしていく作業が終了し、色を付けるために白い下地を塗っていきます。

白い下地材は、「ビニタックス」というスチロール専用の下地塗料。

下地を塗り終えたら、色をのせていきます。

着彩で使用しているものは、「泥絵の具」というものを使います。

奥の学生、、いい顔してますね!!

そうして様々なクオリティで1日の実習時間が終わる頃には、作業の差がでてしまいますが、

そこは本人たちの作品のクオリティが高ければ問題なし!様々なスタイルのモデルができました。

色再現を間違えてしまうと、そのキャラクターらしく出来上がりません。

手早く正確に作業ができるのが1番いいですね!

さぁ次の実習ですべて完成させる予定です!みんながんばりましょう!