キャンパスニュース

2014.02.17 建築

進級課題「都市に住まう」作品発表会

教室にて、発表開始

建築学科1年生は進級課題「都市に住まう」の総合提出を2月6日に無事終了し、2月10日と2月13日に、作品のコンセプトの発表を行いました。

制限時間一人10分ということで、学生は各自が用意した写真スライドや作成した意匠模型・図面等を使って発表を行います。

全員がスーツ姿で緊張感の中、発表が始まりました。

大越一輝君、コンセプト発表

大越君の設計テーマは「王子の曲がり屋」です。

建物の中央にある階段室のところで45度に折れ曲がった家を計画しました。

階段を中心にパブリック的な庭とプライベート的な庭に分けて、都市住宅における庭の使い方に工夫をしています。

佐藤匠君、コンセプト発表

佐藤君の設計テーマは「変化の起点」です。

これまでの都市型住宅の問題点を洗い出し、自分の設計した住宅が、これからの都市型住宅の新しい姿への「変化の起点」になるようにしたいという気持ちに溢れた発表でした。

[ 建築学科1学年 ]